矯正歯科

美しく綺麗な「歯並び」への憧れはグローバル・スタンダードのようです。
審美先進国アメリカでは「綺麗な歯並び」が社会スティータスになります。
日本でも近年、「歯並びの綺麗な方」がとても増えてきていますが、矯正という言葉が広く知られている反面、具体的に歯列矯正をされている人の割合がまだまだ少なく2007年8月の「歯並びの日」に行われた1,000人へのアンケート調査(日本臨床矯正歯科医会資料)でも、実際に治療されていた方は9.9%に留まっていました。

「綺麗な歯並び」にしていく歯列矯正は、ただ単に、審美的な綺麗さだけを求めていくものではなく、人体に最も大切な「健康」を支える咀嚼機能をきちんと行えるように「噛み合わせ」を改善していくことにあります。
最近では歯ブラシ世代が人の親となり始め、お子様と一緒に、お母様も「歯列矯正」を始める大変微笑ましい光景が増えてきております。
お子様から成人まで、一生涯、健やかなライフスタイルを保持していくためには、「綺麗な歯並び」の有無がとても大切な「指標」となります。

現在、「歯並び」であれこれ悩まれているようでしたら、出来るだけ早めに専門医にご相談をされていかれますことをお薦めいたします。

美しく綺麗な歯並びは、あなたの一生涯の「宝物」となります。

お子様の矯正治療&成人の矯正治療

歯列矯正システムは......

「機能性」、「審美性」、「ご予算」などによって、ご自分に適した方法をいろいろと選んで行うことが出来ます。

● メタル ブラケット

メタル ブラケット イメージ画像

最も「ポピュラー」な矯正システムです。
最近では、審美性が重視され、お母様方には「不人気」なようです。
いま最も支持を得ているシステムは「透明な素材とステンレススチール」を組み合わせた最新式の「デーモンシステム」です。
歯の動きも早く、痛みが少ないという優れた特長を持つ矯正システムです。


● セラミック ブラケット

セラミック ブラケット イメージ画像

見た目の「審美性」も大切にしたいという方にお薦めです。
「透明」なブラケットがセットされますので、見た目にもスマートで費用対効果のバランスに優れた、とても人気のある矯正システムです。
男性&女性、共に、幅広く支持をされています。


● サファイア ブラケット

サファイア ブラケット イメージ画像

「オシャレ度」と「審美性」に優れていて、ゴージャス感があります。
お口の中で「サファイア」の透明ブラケットがきれいに輝き、見た目にも大変美しく見えます。審美性が抜群の矯正システムです。
「オシヤレ」を強く意識する、若い女性の方には特にお薦めです。


● QCM ブラケット

QCM ブラケット イメージ画像

目に見える装置のすべてが「透明」。審美性を最も重視した最新の矯正システムです。治療中も他人の視線を気にせずに治療が続けられます。
このシステムは、特に審美性が優れている分、細かな動きには弱いなど、適応症によっては、多少、治療制限が生じる場合もあります。


● リンガル ブラケット(上下顎)

リンガル ブラケット(上下顎) イメージ画像

【上・下顎 リンガル・ブラケット矯正】
矯正治療における「審美性の王様」と言えます。
歯の舌側(歯の裏側)にブラケットをセットするため、外部からは矯正装置がまったく見えないという素晴らしいシステムです。
審美性が特に優れる分、舌がブラケットに直接触れますので、セットに慣れるまでは多少の時間が掛かるという大変さが反面にあります。

【上顎 リンガル・ブラケット矯正】外部から見えやすい「上顎」部分のみを、歯の裏側(舌側)にシステムをセットして、「下顎」部分は、通常矯正と同じ様に、歯の前面に透明のブラケットをセットして進めて行く複合的な矯正治療方法です。


矯正治療を必要とする症例の紹介

● 叢生(乱杭歯・八重歯)

叢生(乱杭歯・八重歯) イメージ画像

お口の中の歯並びが、全体に「でこぼこ」している症状です。
個々の歯が、「前後」「左右」にと、重なりあったりしています。この状態は「虫歯」や「歯肉炎」にもなりやすく、歯を磨いてもなかなかきちんと磨けず「汚れ」が残りやすい傾向にあります。


● 開咬(オープンバイト)

開咬(オープンバイト) イメージ画像

お口の中の「奥歯」はきちんと噛み合っているのに、「前の歯」が噛み合わないで開いて見える症状を指します。
この状態ですと、前の歯で食べ物を噛み切るのが大変難しく、「正しい発音」などもしずらいという症状が起こります。


● 上顎前突(出っ歯)

上顎前突(出っ歯) イメージ画像

上の前歯だけが極端に出ている通称「出っ歯」という症状です。
この症例は、遺伝の他に、乳児の頃の「指しゃぶり」や「鼻炎」などによる口呼吸などが原因ともいわれています。


● 反対咬合(受け口)

反対咬合(受け口) イメージ画像

下の前歯が、上の前歯よりも外側に突き出している通称「受け口」という症状です。
この症例は、遺伝の他に、「上唇」を噛んだり、「舌を突き出したり」するくせが原因で起こります。食べ物がよく噛めなかったり正しい発音がしずらいことがあります。


● 過蓋咬合

過蓋咬合 イメージ画像

下の前歯が、上の前歯で全体に隠れて見えない症状です。
これは「乳歯」の時の早期喪失や「虫歯」による奥歯の欠損などの放置によって引き起こされていきます。
また遺伝などの場合もあります。


ページトップへ
矯正歯科 イメージ画像1
矯正歯科 イメージ画像2