お悩み

Q.歯を白くする「ホワイトニング」って何?

A.ホワイトニングは

歯を削ったり、色を塗ったりしないで、歯を輝くように白くしていく審美システムです。 歯の表面に薬品(漂白剤)を塗り、光と科学反応を起こさせて、歯を「歯牙の内部」まで、「白く」していく方法です。
アメリカでは20年以上前からホワイトニングが始められていて、いまや「富」と「地位」の象徴として、「何本の歯」を見せて笑えるかが社会スティタスのひとつになっています。

ページトップへ

Q.ホワイトニングをしてみたい、だけど良くわからないから心配?

A.ご安心ください

専門のスタッフが、事前に、貴方のお口の健康状態をきめ細かく丁寧に検査をしていきます。そして「検査結果」をもとにしてホワイトニングができる状態であるのか?・・・・どうか?・・・を、きちんと確認してから進めていきます。
歯が「健康」な状態で、「天然歯」であればいつでもできます。

ページトップへ

Q.「PM T C」って一体なんですか?、どのようなことをするのですか?

A.PMTCとは

プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略称で、プロが行う歯の健康予防を目的とした清掃方法です。 歯科衛生士が専門的な器械とフッ素入り研磨ジェルを使って 行う「歯のクリーニング」システムです。
日頃ご家庭で行っている歯ブラシではなかなか取りきることができない、歯の表面にこびりついた頑固な歯石や歯垢(プラーク)を機械的に取り除いていく方法です。
この方法は、ご自身の歯が持つ「本来の白さ」に戻して「ピカピカの歯」にしていくプロが行う予防システムであり、薬で白くするホワイトニングとは異なります。
PMTCは歯の「健康予防」にはなくてはならないシステムです。

ページトップへ

Q.歯の「矯正」って、大人になってからでも出来るのかなあ?
何歳までかなあ?

A.何歳でもできます

矯正先進国アメリカでは、50歳位のビジネスマンが平気で矯正装置をつけていて「意識の高い人」として評価されています。背景には、アメリカ社会の文化が強く関わっているようです。
アメリカ社会は、歯並びが整っていないと、マイナスイメージに捉えられ、歯並びの良さ=教養の証として、その家の教育レベルの高さと育ちの良さを示していると考えられています。
特に中・高生の間では矯正=ステータスというような意味合いに受け止められ、殆どの人が矯正をするようになってきています。
特に日本人は、あごの大きさに対し、一般的に歯が大きいらしく噛み合わせも含めて、70&以上の人が矯正を必要としているみたいです。
これからのグローバル社会に向けては、歯並びの良さはグローバルスタンダードになりつつありますので、ご予算の許す限り、早めになされることをお薦めいたします。

ページトップへ

Q.子供の「歯並び」がとても心配?

A.ご心配いりません

お子様は、乳歯が生え始める6ケ月頃から、永久歯が28本生え揃う12歳位までが、ムシ歯になるリスクが一番高い時期です。
お子様の「美しい歯並びつくり」の最大ポイントは、「乳歯」の時からのムシ歯予防であり生えたての永久歯のムシ歯予防です。子供時代はあごが発達する時期でもあり将来の噛み合わせが決まる大切な時でもあります。何よりも乳歯は永久歯のナビゲーターと言われていますので「乳歯の虫歯予防」に力を注いでください。
そして、早めはやめの「予防」通院を心掛けて、大事なお子様の口腔健康を守り、「治療」で歯科医院に通わない家庭の環境づくりを心掛けてください。
また、特に小さいお子様は、自然治癒の可能性もありますので、どうしても気になる場合は小児歯科へ一度ご相談ください。

ページトップへ

Q.子供の小児矯正はいつごろからが良いのかなあ?

A.個人差があります

お子様の歯並びは、自然治癒の可能性や小児矯正の必要性、そしてそれぞれのお子様の好ましい治療開始時期があります。
また、歯並びの問題の種類や重症度によっても異なります。一般的には、3歳頃からの「歯並び管理」から歯科医院に慣れさせて、乳歯のムシ歯予防から始まり、15歳位までの間にされるのが良い方法です。

ページトップへ

Q.笑うと金属の詰め物がとても気になる、なにかいい方法は?

A.詰め物を白くする

お友達やお仲間で楽しいひとときの談笑中に金属が見えるのは結構気になるものですよね!修復方法は「 白い詰め物」のインレーがあります。このインレーはご自分の歯と同じ色をした詰め物となりまして「ハイブリッドセラミックス」と「セラミックス」の2種類となります。
白い色の詰め物ですので、当然、口腔内は天然歯同様の白一色となり、見分けがつきませんので審美的にも最高です。
また、金属アレルギーの 方にも安心してお使いいただけます。

ページトップへ

Q.欠けて気になる前歯を「白い歯」にしたい、どういうのがあるの?

A.歯を白くする

プラスチックとセラミックスがあります。 特に「前歯」の場合は、まったく金属を使わないで「歯」を作るオールセラミックスが審美的にも最善といえます。
貴方の「天然歯とそっくり」に歯の色を合わせていきます。このことをシェード・テイキングといいますが、他の「歯」と同じように全く違和感が感じないようにカスタマイズがされます。
この歯は「金属」をいっさい使っていませんので、永い間、使用しても、歯と歯肉の境目が黒くなったり(メタルボンドクラウンでのブラックマージン)いたしませんので、いつまでも素敵な白い歯として快適にお使いいただけます。

ページトップへ

Q.私は金属アレルギーですが、金属を使わないで歯を治したいのですが?

A.もちろん治せます

保険治療では大変難しいのですが、自費治療であれば、現在ではお口の中のほとんどの部位が問題なく治せるようになりました。
詰めもの(インレー)、被せもの(クラウン)のすべてに、金属をいっさい使わない「ハイブリッドセラミックス」や「オールセラミックス」があります。
また、最近では「ジルコニア」という、全く金属を使わないで、お口の中で一番力がかかる部位の「奥歯のブリッジ」にもセットができる新しい修復物がでてきました。
また白い支台歯(土台)として、根幹破折がなく強靭なコアがつくれるファイバーコアという材料が盛んに使われてきています。
当然、金属ではありませんので金属アレルギーの方には最適です。なにより「自費診療」の最大利点は.............「生体親和性」というご自身の身体にとても「優しい」材料を、常に臨床に使って治療をしていることです。
(金属アレルギーの方は、治療前にご遠慮なくお申し出ください。)

ページトップへ

Q.歯周病ってどういう症状になるのですか?

A.歯がなくなります

歯周病は、成人の80%以上の方がかかっている生活習慣病です。
「歯周病」は、静かな病気と言われ、自覚症状がほとんどないまま、どんどん進行していきます。歯垢(プラーク)の中の細菌が、歯と歯ぐきの間に入りこんで、 歯ぐきの炎症を引き起こしていきます。
さらには「歯」を支えている歯槽骨まで溶かして「歯がポロポロと抜け落ちていく」という、とても恐ろしい病気です。
1.歯茎から血が出る方。
2.歯がグラグラ揺れている方。
3.歯が伸びたような感じがする方。
4.歯茎から膿が出る方。
5.口の中がネバネバする方。
6.口臭がある方。
7.歯肉が腫れている方。
8.歯肉がむずがゆかったり、硬い物が食べにくい方。
以上の症状がある方は、早めに歯科医院へご相談してください。

ページトップへ
お悩みイメージ画像