審美歯科

審美歯科は........口元を美しくするだけではなく、歯並びや噛み合わせを正常な機能に戻す大切な役割を持っています。
そして、ご自身の身体にとても優しいという生体親和性を有するという大きな特長があります。

  • 「口元」を美しくしたい......................「白い歯」が光り輝く、素敵な口元にしてみたい方!
  • 欠けている「前歯」を治したい.......どうせなら「オールセラミック」で治したいという方!
  • 私は「金属アレルギー」だから......口の中に「金属」が入るのは「イヤ」とお考えの方!
  • 歯と歯肉の境目が「黒く」なってきたので...................もとのようにきれいに治したい方!
  • 笑うと見える奥の「銀歯」がイヤ...........銀色の詰め物を「白い詰め物」に変えたい方!
  • 目立つ不揃いな「前歯」........上の4本だけでも「白い歯」にしてみたいとお考えの方!
  • お口の中に「金属」を入れたくない...................「メタルフリー」で治したいとお考えの方!
  • 「天然歯」のように........口腔内を「白一色」にこだわり続けていきたいとお考えの方!

歯を削らず白くする

ホワイトニング

歯を削らず白くする イメージ図

歯冠修復物をつかって歯を白くする

歯を「白く」する歯冠の「修復材」は...........
ポーセレン(陶材/セラミック)とレジン(合成樹脂材)の二つに大きくは分かれます。
また最近では、ジルコニアという耐久性・機能性・審美性を併せ持った高強度型オールセラミックスの素晴らしい修復材が出現し、新しい臨床に徐々につかわれ始めています。

  • ハイブリッドレジン
    • 変色しずらい
    • 透過性が高い
    • すり減りにくい
    • 審美性が高い
  • ポーセレン(陶材+合金)
    • 変色しない
    • 透過性が高い
    • すり減らず摩耗に強い
    • 強さと審美性に優れる
  • オールセラミック
    • まったく変色しない
    • 透過性がとても高い
    • すり減らず摩耗に強い
    • 審美性が極めて高い

コアも被せものも.....いっさい金属を使わないで歯を白くする

オールセラミック イメージ図1
  • 歯の先端が欠けているため、
    前歯4本をオールセラミックで修復。
  • 前歯2本をファイバーコア
    とオールセラミックで修復。

先進の歯科技術・・・メタルフリーの歯冠修復物「ジルコニア」

奥歯に使える“本格的なメタルフリー”の治療ができる「ジルコニア」が
いよいよ歯科治療に臨床応用される時代に入りました。

  • この酸化ジルコニアは、一般的には「ジルコニア」と呼ばれています。
    医療への臨床応用例としては「人工股関節」の球状骨頭部などに利用されています。
    高い強度、優れた耐久性、耐腐食性、生体親和性、安全性はすでに証明されています。
    さらに10年以上の臨床実績がすでにありますのでご安心してご利用できます。
    すでに欧米では、50,000症例に適用され良好な臨床結果を得ています。
    国内では、2005年に薬事許認可を受けてこれからの臨床利用が期待されています。
  • このジルコニアは、金属と同等な強度を保有し、比重が金属の1/3と軽く顎関節等への影響は最小限で抑えられます。
  • この金属と同等の「ジルコニア」の出現により、従来、歯の噛み合わせ時に大きな加重がかかるため金属を使っていた奥歯の部位に臨床利用されることが期待されています。
  • メタルフリーで奥歯の歯冠修復ができることにより、口腔内のすべてに金属を入れないで治療ができることになりました。
    いままで「金属アレルギー」で、お悩み続けていた患者さんには最適です。

これからは金属を使わない「ジルコニア」で、お口の中がとても安心!

  • オールセラミック
    • まったく変色しない
    • 透過性が非常に高い
    • すり減らず摩耗に強い
    • 審美性が極めて高い
    • 機械的強度が高い
    • 高靭性に優れている
    オールセラミック イメージ画像1
  • オールセラミック イメージ画像2
    オールセラミック イメージ画像3

MEMO

金属アレルギーは..........

金合金に含まれる金属元素の中に金属アレルギーの原因があるとされていますので、金の含有量が多いほど軽減されていきます。
金合金は、金の割合が原子の数で過半数以上あれば科学的に安定すると言われています。
従って、金・白金・パラジウムの合計が75%以上であればお口の中での科学的安定性は保証されます。
しかし、金属アレルギーをおこす方は「金」にもアレルギーをおこす方がいると言われていますので、奥歯のブリッジにも使える、今回の高強度型セラミックスの「ジルコニア」の出現は、お悩みの患者さんに向けた一番の朗報と言えるようです。

ページトップへ
審美歯科 イメージ画像